2011年11月22日

第24回 上尾シティマラソン

日曜日、上尾シティマラソンに出場してきました。39歳以下男子ハーフマラソンの部。

今回の目標設定。2月の東京マラソンへ向けて、まずはハーフで昨シーズンの水準(新宿シティハーフで1時間48分36秒=自己ベスト)に戻っていることを確認しつつ、もう少し上の記録を目指すこと。何度かブログにも書いているけども、来年1月の新宿シティハーフの時点で42〜43分台を目指してるので、今回はできれば1時間46分を切りたいな。

で結果。ネットタイムで、1時間49分03秒でした。

うーん。一応自己ベストに近いタイムは出たけど更新には至らず。46分切りも達成できず。率直な感想として現段階での46分切りは高い壁でした。ただ、走り込みの量もまだ少ないし、ほぼ自己ベストレベルには戻っていることは確認できたので、まあ最低限の結果として良しとしようかと思います。勝てなかったけど勝ち点1は確保、みたいな感じ…

目標とした1時間46分切りですが、ハーフマラソンの距離をおおよそ21.1kmとして、キロあたり5分でちょうど1時間45分30秒。レースを通じてキロ5分できっちり行ければ目標達成というわけ。で、runmeterを使って取ったラップや腕時計で取ったラップを見ると、13kmまではほぼ5分ジャストのペースをキープしてるんだけど、それ以降キロあたり10秒〜20秒の間で遅れていった感じ。さらにスタート直後の混雑でスローになってしまった(最初の1kmが5分44秒かかった)分を加えると、だいたい今回のタイムになるかな…

ということは、14km以降のペースダウンがなければ46分切り達成、さらに全体でキロあたり10秒縮める(4分50秒/km程度)と、最終目標の1時間42〜43分が達成できる。計算上。

それから、爪先に相当負担がかかったようで、右足小指に大きな血マメができて爪が半死状態、他にも足指にマメが数個、爪先全体に結構な痛みが残った。足首・膝などはそれほどでもないのだけど。ハーフでこの状態だから、爪先がフルマラソン持たないかもしれない。

以上から、具体的な今後の対策としては、

・14km以降のペース維持・・・長距離に耐えられる足を作る、具体的には20km以上、できれば30km走を増やしていく
・キロあたりのスピードUP・・・10kmランでコンスタントに48分を切れるようにする
・爪先の痛み対策・・・靴紐の結び方を見直す。だめならシューズを変えてみる?

こんなとこですか。

ま、目標の完全達成はならなかったけど、現状を確認した上で今後の対策を検討して最終目標へ向けてトレーニングしていく、というためには良い機会だったかなあと思う。PDCAサイクルだな。

なお上尾シティマラソンそのものですが、聞いていた通り比較的フラットなコースでした。が、自分としては全体通して精神的に結構きついレースだったような気が… 新宿シティハーフの時はもっと気持ち的に楽しく走れていたよと思うんだけど。田舎コースが苦手なのかもしれんね...

あ、そうそう、このレースって箱根駅伝前の最終調整?として、強豪校が毎年多く出てるのね。僕の母校も出てましたな。各大学のバスなんかが並んでたりして、大学のトップランナーと同じ大会に出られるっていう雰囲気は大変良かったです。折り返しですれ違ったり(ただしホントのトップ集団はそれすらできず…)。

というわけで、次走は1月15日、新宿シティハーフマラソン。


posted by toshi at 21:52| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

絵本の読み聞かせをしました

先週の木曜日はムスコ幼稚園にて、月例の父母による絵本読み聞かせ。といってもほとんどはママさんで父親はたまに一人二人来るぐらい。保育中(平日午前)にやるので仕方ないんですけどね。

その読み聞かせに、僕はムスメが幼稚園の頃から休みを取って年に一、二度ほど参加するようにしている。今の職場でも前の職場でもボランティア休暇がある(あった)ので、それを利用したこともある(手続きが若干面倒なので、以降は普通に有休にしてるけど)。

最初は単なる興味というか、話のネタにという感じだったのだけれど、やってみるとこれがまたなかなかに面白い。

まず、子供が真剣なんだよね。特にこっちがマジなほど子供も向き合ってきます。それから、普段はママさん中心なのでオヤジが来るだけで割と歓迎ムード。

女性(ママさんたち)は割とホンワカした話とかいい話を選ぶことが多いみたいなんだけど、僕は冒険ものとか、展開が早いのとか、切った張ったがあるのとか、なんつーかドキドキハラハラ系を中心に選びます。ジャックと豆の木、狼と七匹の子ヤギ、三匹のヤギのがらがらどん、など。

で、読む時は、できるだけメリハリをつけて、テンポよく読む。語り部分は落ち着いた口調で、セリフ部分は役になり切る。悪者はガラガラ声、女の子はかわいい声、じいさんばあさんは日本昔話みたいに、てな感じ。ここで恥ずかしがってはいけない。

そうするとね、かなり受けるよ。子供たちに。受けるとやっぱり気持ちがいい。

ママさんたちの選ぶような本も、もちろん良いと思うのだけど、そればかりに偏ると子供は飽きちゃうかなって。特に男子。だからあえて異質な感じで参加してます。そういうのが求められてるかなとも思うし。

もちろん僕が読むようなのばっかじゃアレなんで、そこはバランスかと。

あ、それから読む絵本は、話だけじゃなくて長さとか、絵そのもののテイストとかを気にして選んでる。

ムスコは今年で卒園なので、あと一回くらいはできれば参加したいな。
posted by toshi at 08:22| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

START

土日は伊東に一泊二日の温泉旅行に行ってきた。といっても普通の旅行でなくて、友人が結婚披露宴を兼ねた温泉旅行&宴会を企画したので、それに家族4人で参加してきたという。新郎新婦の身内を含め総勢80名ほどで、観光バス2台チャーターして旅館も貸切という結構な団体さんであった。

新郎は僕と嫁の共通の知り合いで、ってか大学のサークルで僕が一年の時に彼が二年、うちの嫁が三年という(僕も彼も浪人しているので年齢関係はその通りでないが省略w)頃からの付き合い。僕らの結婚の際に彼には二次会の幹事をやってもらったし、うちの子供たちも多分、身内以外では一番なついていたりする。そんな友人。

奥さんの方も、彼らが付き合ってから10年近く経つと思うんですがそれと同じくらいの付き合いになるのね。一緒にキャンプ行ったりとか家族ぐるみな感じ。なかなか結婚しないから、よく嫁と「長すぎた春」にならなきゃ良いんだけどね...って話してたもんです。


で、そんな彼・彼女がやっと結婚。めでたい。めでたいのですホント。心から祝福。


彼は元々、気が利くし社交的で顔も広く、(一応)後輩の僕から言うのもナニなんだけどとってもナイスな人材だと思ってる。ただ、こと自分の異性関係になるとなかなかそういう普段のスキルを出し切れず、周りが見えなくなってしまうタイプというかね...そういうイメージがあったんだよ。昔は。で、そんな彼が、今の奥さんと付き合ってからはそういうことが全然ない。彼の方が奥さんより三歳ほど年上だったり、たぶん、その他いろんな面において「自分の方が上」という意識があるみたい。んで、それがすごく良い方に働いているように見えるのよ。彼らの場合。


ま、何が言いたいかというと、嫁を大事に末永くお幸せにね!ってこった。そう、お幸せに!



タイトルは、あたらしーい日が来たーふーたーりのー、スタート! ということで。

posted by toshi at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。