2011年10月21日

続・黒白写真をプリントしてみた。

先日、黒白ネガをフィルムスキャンして、専用紙でプリントした感想をレポートした。

特に、ピクトラン バライタという用紙がすごくいい!ということを書いたのだけど、ちょっと高いので(A4一枚あたり300円弱)もう少しお安良いモノクロ専用紙はないものかということで、月光 ブルー・ラベルを試してみた。

月光は、ピクトリコのインクジェット用モノクロ専用紙のシリーズ名。銀塩時代の有名な黒白用印画紙を復刻したという。ブルーラベルの他にもいくつかの製品があるのだけど、ブルーが一番スタンダードということと、他のは顔料系インク向けだったりしてブルーを選択。前はバライタ調のグリーンラベルってのがあったのだけど生産中止とね。これを試してみたかったなあ。

気になるお値段は、ヨドバシでA4サイズ20枚入り2200円。ピクトランバライタに比べりゃだいぶ安いです。

で試した結果ですが。
ピクトランバライタと同じく子供二人の写真をA4で出力した他、適当なのをA5で2枚ほど印刷。

うーん。
それなりにきれいには出てる。ただピクトランバライタと比べちゃうとなあ… 例えば、人の顔でちょっと暗めの部分とかも、ピクトランバライタだとちゃんとグラデーションが表現されていて美しい。でも月光だとそこまでは無理っぽい。ベタッとしちゃってる。

つかたぶんこれ、プリンタのせいだと思う。古いから。EPSONのPX-5Vとかで出せばもっと綺麗に出ると思うよ。店のサンプルとか、すごく良いので。

だけどなあ。自分の環境で自分の好みかつ満足のものができるかどうか、ってとこが大事なんだよねえ。PX-5Vとか買えないし置けないし。欲しいけど。
ということで、俺的レビューとしてはピクトランバライタの勝ち。

そう考えるとピクトランバライタってスゲー。うちのプリンタであれだけ綺麗に出るんだもんな。やはり一枚300円と110円の差か。

でもブルーラベル以外も試してみるかなあと思ってみたり。店に置いてるサンプル見るとレッドラベルは良さげなんだけど顔料系インク向けなのコレ?ブラックとパールはあんまり好みじゃないな…

月光は、新しいプリンタ買ったら再チャレンジな。

その他、もっと高いのだとイルフォードのゴールドファイバー・シルクとかハーネミューレのファインアートバライタとか良さそうなのはあるので、また物色しますか。


posted by toshi at 12:20| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

バズーカ入手(タムロン AF 200-400mm F/5.6)

望遠ズームレンズを中古で買った。タムロンのAF用200-400mm、F5.6。キヤノンEFマウント。これ
ちょっと古いレンズで若干ジャンク品(内部に若干チリ、ちょっとカビってるかも等)ですが、AF動作や外観等問題なしってことで買っちゃいました。
手持ちの純正55-250mmだと、幼稚園の運動会程度なら大丈夫なんですが、小学校の運動会だと厳しい。ムスメのサッカーの試合も撮影場所とかグラウンドの広さにより結構厳しい。なんで、もう少し長い焦点距離のレンズが欲しかったところ。

でこれ、テレ側焦点距離が400mmで、うちのKiss Digital XがAPS-Cなので1.6倍して35mm換算640mm相当の望遠。スゲー。スゲーよ。

早速Kiss Digital Xに装着した写真。専用フードを付けた状態。
P82262700.jpg


でかい。


そしてテレ側最大まで伸ばした状態。
P82263101.jpg


で、でかい...何かの武器のようだ...


街中でこれ持ってたら確実に怪しいよな。俺だったら怪しいと思うよ。


手持ちで撮ってみた感想。重い。遅めのシャッターになると手ブレします。確実に。室内は一脚など必須か?レンズ本体に三脚座が付いてますからね。それからAFは普通に動作すると思った。俺的には問題ない。

んで、テスト撮影してみた結果の画像。解像度は40%に縮小してますが、参考まで。

ちなみに、焦点距離はスペック上200mm〜400mmだがExif情報では205mm〜390mmと記録される模様。なので下の記載もそうなっている。

1/640 f8 iso800 焦点距離390mm(テレ端)
IMG_6656.jpg

1/640 f8 iso200 焦点距離205mm(ワイド端)
IMG_6659.jpg

1/640 f8 iso200 焦点距離390mm(テレ端)
IMG_6660.jpg


俺の節穴な目では特に問題なく綺麗に写ってるように見えるな。今回は良い買い物したかな?



posted by toshi at 14:39| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

黒白写真をプリントしてみた

さてフィルムスキャンしてデジタルデータ化した黒白写真。うちのプリンタ(EPSON PM-A900)で印刷してみた。

ちょっと調べたんだけど、今は写真印刷に良いインクジェットプリンタが安く出てるんだね。EPSONの PX-7V とか PX-5V 。実売価格6〜7万。黒白写真にはPX-5Vが良いみたい。黒インクの他に、グレーとライトグレーのインクを使ってモノクロを表現してると。欲しいわコレ...デカいけど...デカすぎて却下だと思うけど...

あとは複合機だとCANONの PIXUS MG8230 、これがグレーインク使ってて黒白写真の印刷に良さそう。PM-A900もいい加減古いし、次はこれにしようかな。そうそう最近のは有線/無線LAN装備なんだよね。置き場所選ばない、っていうのも、家庭への導入許可を得るための強いアドバンテージにになるなあ!(笑)


...と話は脱線しましたが、まずは手持ちの写真用紙( FUJIの画彩 写真仕上げPro )で印刷。写真用紙はいつもこれを使ってる。ハガキサイズで印刷したところ、なかなか良いんじゃないか!昔DPEで黒白写真プリントしたのもこんな感じだった気がする!


で、写真用紙も高級ペーパーとか黒白写真向けとか、作品作り用途で良いのがいろいろ出てるんだな。特に黒白写真向けの用紙をいくつか。

画彩 写真仕上げ Proモノクロ
PICTORICO GEKKO グリーン・ラベル
PICTORICO GEKKO ブルー・ラベル
ピクトラン バライタ

他にもいろいろ。

写真仕上げProモノクロは、顔料インク専用だったので却下。
月光(GEKKO)。銀塩時代の有名な黒白印画紙をインクジェット用で復刻したってヤツ。グリーンラベルに興味があるんだけど生産終了で在庫限りって。チッ。ブルーラベル使ってみるかと思ったけど、ピクトランバライタの方がお試し版A4サイズ2枚入りで売ってたので、まずはこれを買ってみた。600円くらい。


結論。

すごい!

うちのだいぶ旧型になったプリンタでも僕の目には十分きれいに仕上がっていて、黒白写真!というプリントができた。すごいなピクトランバライタ。写真仕上げProでも十分きれいと思ったのだけど、黒の発色とか、仕上がりの雰囲気とか、全然違うわコレ。高いだけあるなあ...

ちなみに今回はA4が2枚あるうち、1枚を半分にカットして2Lで出力、もう1枚はA4でそのまま出力した。A4でも美しい仕上がり。ムスメとムスコ2ショットの良い写真なので、どっかに飾ろうかと思う。仕上がったプリント、ブログにアップしたいんだけどな...紙の雰囲気は伝わらないな。


でもね、このピクトランバライタ、お試し版じゃないのはA4サイズ30枚で9000円弱なの...高え...月光ブルーラベルがA4サイズ20枚で2200円くらいなのですが、1枚単価で約300円と110円。この違いは何か!検証してみよ。月光も評判良いしね。趣味のものとはいってもこの差は大きい。


ま、とにかく良い写真用紙を使うとスバラシイプリントができるということがわかりました。いまさらではありますが。これでプリンタを変えたらどうなるんだろ。プリンタね...
posted by toshi at 09:14| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。