2011年10月25日

おやじバンド

ムスコの幼稚園のおやじ連中でバンドを結成しました。おやじバンド。

実は5年ほど前、ムスメが幼稚園のときに一度おやじバンドを結成したことがありました(おやじバンド第一期)。ボーカル二人にG、B、Ds、Keyの6人編成。僕はベース。
で、幼稚園が毎年開催している芸術鑑賞会みたいなのがあるんですが、そこで30分ほど時間をもらっておやじバンドのお披露目(一応ライブ)をしたんですよ。会場は市民会館うらわでした。メンバー全員、あんな広いホールで演奏したのは初めてという。
曲は確か、

・A HARD DAYS NIGHT
・人にやさしく
・オブラディ・オブラダ
・日曜日よりの使者
・踊るポンポコリン
・踊るポンポコリン(アンコール)

だったかな?
思いのほか好評を博し、アンコールでは園児全員がステージ前に集結してダンス!!

そんなおやじバンドでしたが、目標を失った後はモチベーションも下がりメンバーの子供が卒園したりで自然消滅...またそのうちメンバーが集まったら、第2弾ができたら良いねーてな感じだったのですが...

集まりました!メンバーが!

しかも今度はベースが被ってしまったので、明らかに僕より上手いと思われる新メンバーのAさんにパートを譲った結果、なぜか僕がボーカルに...僕は演奏から手を引いてマルコム・マクラレンみたいな立場でも良かったのですが...

とりあえず11月上旬にスタジオ入ってみます。オリジナルなんてやるわけではなく、今回もコピーバンドでです。

今のところの曲目は以下の通り。

・START
・全部このままで
・赤いタンバリン
・ええねん
・恋をとめないで

…節操のない選曲ですね。それはカラオケしながら「この曲!」って決めたから。でも節操ないながらも年の頃がなんとなくバレる選曲でもあります。

もしかしたら「ヘビーローテーション」もやるかもしれません。でも誰が歌うのだ。


今後の展開に乞うご期待。

posted by toshi at 13:22| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

続・黒白写真をプリントしてみた。

先日、黒白ネガをフィルムスキャンして、専用紙でプリントした感想をレポートした。

特に、ピクトラン バライタという用紙がすごくいい!ということを書いたのだけど、ちょっと高いので(A4一枚あたり300円弱)もう少しお安良いモノクロ専用紙はないものかということで、月光 ブルー・ラベルを試してみた。

月光は、ピクトリコのインクジェット用モノクロ専用紙のシリーズ名。銀塩時代の有名な黒白用印画紙を復刻したという。ブルーラベルの他にもいくつかの製品があるのだけど、ブルーが一番スタンダードということと、他のは顔料系インク向けだったりしてブルーを選択。前はバライタ調のグリーンラベルってのがあったのだけど生産中止とね。これを試してみたかったなあ。

気になるお値段は、ヨドバシでA4サイズ20枚入り2200円。ピクトランバライタに比べりゃだいぶ安いです。

で試した結果ですが。
ピクトランバライタと同じく子供二人の写真をA4で出力した他、適当なのをA5で2枚ほど印刷。

うーん。
それなりにきれいには出てる。ただピクトランバライタと比べちゃうとなあ… 例えば、人の顔でちょっと暗めの部分とかも、ピクトランバライタだとちゃんとグラデーションが表現されていて美しい。でも月光だとそこまでは無理っぽい。ベタッとしちゃってる。

つかたぶんこれ、プリンタのせいだと思う。古いから。EPSONのPX-5Vとかで出せばもっと綺麗に出ると思うよ。店のサンプルとか、すごく良いので。

だけどなあ。自分の環境で自分の好みかつ満足のものができるかどうか、ってとこが大事なんだよねえ。PX-5Vとか買えないし置けないし。欲しいけど。
ということで、俺的レビューとしてはピクトランバライタの勝ち。

そう考えるとピクトランバライタってスゲー。うちのプリンタであれだけ綺麗に出るんだもんな。やはり一枚300円と110円の差か。

でもブルーラベル以外も試してみるかなあと思ってみたり。店に置いてるサンプル見るとレッドラベルは良さげなんだけど顔料系インク向けなのコレ?ブラックとパールはあんまり好みじゃないな…

月光は、新しいプリンタ買ったら再チャレンジな。

その他、もっと高いのだとイルフォードのゴールドファイバー・シルクとかハーネミューレのファインアートバライタとか良さそうなのはあるので、また物色しますか。


posted by toshi at 12:20| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ムスコ語録

うちのムスコは現在5歳、幼稚園の年長組。3歳上の姉よりも理性的でプライドが高く、弱みを見せたがらない性格。

なんだけど、ときどき発する天然の「言葉ボケ」が面白くて、ヨメと「ムスコ語録」として記録している。そんなムスコ語録をいくつか。

まずは軽いヤツから。

「ねえねえ、さっき、ちんちょうがあったよ!ちんちょうが!」
「はい?」
「ほら、お祭りのときに飾るやつだよ!」
「ちょうちん?」
ピンポーン。3歳の時。


「僕さあ、動物園で"ままひんと"が怖いんだよね」
「な、何それ?」
「あ、ひひまんと、だったかな」
マントヒヒね。4歳。


「僕ね、ちんちゃくが欲しいの。ちんちゃくを作るよ」
???難しい…
「だってね、レオの武器だから!」
ヌンチャクかあ!4歳。
ちなみにムスコはウルトラマン好き。この時たしかファミリー劇場でウルトラマンレオが放映されてたんだな。


あと、うちは車で僕とヨメの好きな音楽をかけてるせいで、親好みの曲を子供たちが自然と口ずさみます。

「なまりもくー なまりもくー♪」
ええと、何の歌でしたっけ...
「おーしーえーてよー、げったっるでぃー げったっるでぃー♪」

正解は…「黙り込む 黙り込む Get up Lucy, Get up Lusy... ねえルーシー、教えてよ...」
"Get up Lucy" by ミッシェルガンエレファント、でした!5歳。


もう一つだけ。

「南の島に行くと、カニの実があるよね!」
それ、なんでしたっけ?
「ええと、菓子の実だったかな」
...わかりません。
姉「ヤシの実じゃないの?」
正解!!さすが同じ遺伝子を持ってるだけあるな。
5歳。


以下、つづく。



posted by toshi at 12:38| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。